SUN GROUP / RECRUIT SITE

ENTRY

中途採用者座談会

CROSS TALK

それぞれが、この会社とご縁があって。
中途採用だけど、昇進し、輝けています。

MEMBER

SUBJECT 01現在の仕事と
そのやりがい

最終目的はお客様に喜んでいただくこと
常に考えながら、自分の仕事をしています。

服部
私はホテル事業部の統括支配人をやっています。今までは一ホテルの支配人でしたが、今は各ホテルとのやり取り、人材育成など課題が山積み。従業員の皆さんに仕事ができた喜びを感じてもらうにはどうすればいいかを考えながら働いています。それぞれ違う職種なので、現在の仕事を教えてください。
阿部
飲食事業部にてエンカッピオの店長をしています。フレンチレストランとしてリニューアルオープンしたばかりで、地域の人に知っていただけるように頑張っています。繊細で美しい料理を食べて、「おいしい」だけではなく、「きれい!」「すごい!」と反応してくださるのがうれしい。たくさんのお客様においしい料理を提供していきます。
阪野
グループ本部で経理をしています。各社員が担当を持っており、私は健康事業部の財務入力、伝票整理、現金出納を日々行っています。月次締めや年次決算業務に向けた各種データ入力のほか、担当部署のことは全て任されています。お客様と直接関わる営業を助けることで、お客様を喜ばせるお手伝いができているのかなと、そこにやりがいを感じます。
山城
健康事業部で新規開拓部門のチームリーダーとしてチームをまとめています。健康で悩む方に商品を使っていただき「ありがとう」と声を掛けていただけることが毎日のやりがい。阪野さんのような事務職の方の支えがあるから、お客様に喜びを与えることに集中できています。
佐々木
ベーカリー事業部オーサムベーカリー上新庄店でパンを製造しています。2016年からリーダーとなり、作るだけではなく、工程管理や様々な調整、商品のラインナップなども考えるようになりました。お客様に求められているものを作り、焼きたての新鮮なパンを提供するよう心がけています。

SUBJECT 02 前職とこの会社に
入社を決めた理由

面接が楽しい。知り合いの紹介で。
理由はそれぞれだけど、この会社とご縁があって。

阪野
前職は営業事務でしたが、会社が傾き辞めることになりました。経理は経験がないとなかなか転職できませんが、「やる気があれば始められる」と転職サイトに書いてあり、この会社の面接を受けました。面接の担当者は社長と今の上司で、面接なのに楽しい! ここなら、楽しみながら働け、成長できると思いました。
山城
電気工事士をしていました。電柱を建てたり、電線を張ったりする作業員です。高所恐怖症なのになんでこの仕事を選んだのだろう(笑)と。地元の知り合いの方がこの会社におられて、ご縁がありました。人見知りでしたが思い切って営業職に飛び込みました。最初は接客のやり方もわかりませんでしたが、お客様の方から話しかけていただき、自分が変わっていきました。
服部
僕は横浜で看板をつくっていました。いい看板ができればうれしいですが、直接、お客様の「ありがとう」の声を聞きたいなと。妻が次男を妊娠し田舎で子どもを育てたいと、妻の実家がある山形に戻ることを前提に仕事を探し始めました。ちょうどサンリゾート庄内がオープンする時期。オーナーに面接していただきましたが、楽しく話ができたこともあり入社を決めました。
佐々木
学生時代にアルバイトしていたパン屋で社員になり、ずっとパン屋をやってきました。パン屋の面接というと工房なのに本社の会議室でお茶を出されて…、すごいところに来た! と。ここへ来るまでは小規模のところで、大人数で製造しているところは初めてだったので、驚きました。
阿部
東京のアパレル企業でデザインを担当していましたが結婚で大阪に。もともと料理や花が好きで、自宅の近くにあった当時サングループで運営していた花屋さんとカフェでアルバイトをしていました。3年経った頃、社員になりたいと相談したら受け入れてもらえ、感謝しています。

SUBJECT 03 仕事で達成感
を得たとき

失敗やうれしかったことを糧に
仕事を楽しく、やりがいあるものに。

服部
昔は自分が褒められるとうれしかったのですが、最近はスタッフが褒められると、自分のことのようにうれしく感じます。大きな達成感を得たのはサンリゾート庄内が楽天トラベルアワードを受賞したとき。顧客満足度を上げようとスタッフみんなで話し合い、様々な取り組みをしたことが客観的に評価されたと、本当にうれしかったですね。
山城
お客様が自分の健康のためと商品を買っても、ご家族が反対されることがあります。あるときご家族の方に「持って帰ってくれ」と言われました。するとお客様が「私が好きで自分のお金で買ったのだから、とやかく言われる筋合いはない」と。その後、半信半疑だった息子さんがお客様と一緒にお店に足を運んで下さるようになり、あるとき商品をご購入下さいました! 会社を信じてくださったのだと感動しました。
阿部
花屋を担当していたとき、販売商品のアイデアを考え、直接代表にプレゼンしました。初めて採用されて商品化され、お客様にご購入いただけたときはすごくうれしくて。喜ばれるモノをつくろうと思いました。最近ではリニューアルしたお店に来られたお客様から「おいしかった」とか、友だちに教えるわ」と言ってもらえるのがうれしい。もっと頑張ろうと思います。
阪野
入社後すぐの頃、支払い報告を忘れてしまいました。前日に気づき事なきを得ましたが、当日だったら大変なことになります。報連相を徹底しよう、自分がきちんとやらないと、と気持ちを新たにしました。特に、自分の後が続く仕事を止めるとたくさんの人に迷惑がかかるので、気をつけています。
佐々木
パンの製造現場はチームで働きます。シフト制なので、やるべきことを紙に書くなどきちんと指示を出し、チームで助け合いながら楽しく仕事ができるよう心がけています。

SUBJECT 04 今後のビジョンと
一緒に働きたい人

一緒に働きたいのは挑戦する人、自分を変えたい人
この会社なら「キミも成長できるよ!」

服部
今、ホテル部門は決して業績が良いとは言えません。サングループを支えているのは健康事業部ですが、健康事業部がうまくいかないときにホテル事業部が支える存在になれたらなと思っています。挑戦したい人、それを楽しめる人に来ていただきたいですね。
山城
今はチームリーダーですが、早くマネージャーになり企画を考えながらチームを運営していきたい。また、一緒に働く社員に夢を与えていきたいと思います。この会社は自分を変えたい人にぴったりです!
阿部
いろいろなアイデアを出して、イベントを考えたいです。地域密着の集客は続けますが、遠方からもたくさんのお客様に来てもらえるお店にしていくことが目標です。また、焙煎にこだわるコーヒーの外注卸ができるようになればうれしいので、自分のスキルアップを目指します。
佐々木
チームでの製造を意識してうまく回していけるよう努力している最中。利益を出すために個々の力を今よりレベルアップできるよう、人材を育てていくつもりです。製造にも女性の方が増えてきました。パンづくりをしたいなら女性も大歓迎です。
阪野
まだまだ知識面が足りないので本などで学習して、経理の知識の幅を広げていきたいと思っています。一人の立派な経理ウーマンとして仕事ができるよう成長していくのが目標です。